集団の実施の中で 力を発揮していうのは 「達人」が居なくなってからだよな 自身の場合

でも、達人が居なくなって取りかかり、

その面倒とかフラストレーションとか行うんだよ。

そしておっしゃるリーダーシップみたいな。

でも自身の場合は、

リーダーシップを取って苦悩して来るのが

ちょうど良いというか、

それが欲望なのかもしれない。

くだらない行為ごちゃごちゃ書いているが、

一人組織が増えた事は的確です。

しかも相当強烈仲間であることも的確です。

謝辞、無償の愛情、囲む、見守る、あげる、

肉体の潤いを超えて、魂の喜ぶ最も奥深くへ心境を走らせる。

そこには精霊が或る。

地球の愛情がある。

全てが1つである。

繋がっている。

そこに伝えたい公開がある。

手に入れよう、本当のフリーを。

今の広場には自身のアビリティー関係の本と、自身リバイバル繋がりと、オカルト繋がり、会話系の教科書しかない。別は売ったか捨てた。今の生活には必要ないと判断したからだ。でもたまに図書とかを読みたく上る。そして前方本屋で村上春樹の「転回木馬のデットヒート」を読んだ。高校生の時以上です。

彼氏の図書は、その市場感じについ引き込まれて仕舞う。本棚に溢れんばかりの図書家の教科書が立ち並び、「教科書分かれ」が叫ばれる時、未だに驚異的なマーケティングを誇るのは、彼氏のキャパシティーがそんじゃそこらの凡百は訳が違うという拠り所なのだろう。

しかし、です。「違う」のだ。その市場はあまりに美しすぎる。憧れにも迫る光景を漂わせる。その図書精神のヒロインは、自己を「シンプル」とか「倦怠」とかでスタンダード化しようとするが、少なくともそこに描かれた市場感じを体験する事は未だかつてないし、これからも無いとおもう。そしてあんなに性交しまくりの実質なんて、少なくとも自身は遭遇出来ていない。もうそんなの取り除けるけどね。遅まき。美容液のような化粧水をお探しならコレ!